本文へスキップ

Tel. 03-3890-0088

緑のキャンパスで 輝く体験を

自園給食

毎日食べるものだから、こだわりました。
 平成27年2月より新たに中央園舎を建築して調理室を併設し、あたたかいものはあたたかく、冷たいものは冷たく、調理したての食事を提供できるようになりました。


ランチルーム1
  • 健康で心身ともに大きく成長してほしい・・・という願いを込めて
     文部科学省では、幼稚園における食育の推進をしています。食べ物を大切にする感謝の心、栄養バランスよく食べる、偏食をしない、食事のマナーなどの社会性、安全や品質を見分けて食品を選択する能力など、子ども達が一生涯にわたって、健やかに生きていくことができるよう基礎をつくります。
  • 毎日の検食では、お子様が口にする前に、園教職員が行っています。献立内容によって、硬さ、味付け、分量、盛り付け、色彩、異物混入などチェックリストにチェックを行い、安全性が確認されたものをご提供しております。
  • 管理栄養士さんとの毎日の打ち合わせをしています。その日の献立の反省を通して、次回へのステップにしています。例えば、暑い日が続き、汗をかく事が増える時期には「少し塩分を増やしましょう」や、ソースの付け具合を考えて「次回からはトングでなく大きなスプーンで盛り付けしましょう」など。また、掃除やふきんの使用後の洗濯状況など、安全な食事をお子様に提供するという立場から、教職員にむけてきめ細やかな指導をいただいています。毎朝、調理室では栄養士さんが、当園の7つのレインボー目標を読みあげ、園の教職員の一員としての真剣な姿が、お子様に安全な食事をご提供できる元となっています。
  • 調理室を建築するにあたって、調理している様子を子ども達にに身近に感じて欲しい・・・という願いから、子どもの目線に合わせて窓をつくり、調理している様子をいつでも覗けるよう配慮して建てました。ランチルームから見渡せる園中心部分、広く緑に茂っている園庭を望めるように前面ガラスにしました。楽しく食事のセッティングが出来るよう、お当番さんはコックさんになったつもりで盛り付けをします。


園紹介イメージ <食材について>
 水はピュア・ウォーター、米は金芽米、その他の食材も天然の素材を厳選し、うま味調味料や保存料は使用しておりません。
特にお味噌汁は、毎朝栄養士さんが大きな昆布を1〜2mmの幅に切って出汁を作り、お子様がおいしく食べやすく体内に取り込みやすいように配慮しています。こうしてでた出しによって、うまみもぐっとupし、やさしい味付けで心まで「ほっ」とさせてくれます。

なお、管理栄養士さんのもと、幼児に必要な1日の摂取カロリーの半分が、この給食の一食でとれるように計算されています。


 
<食器について>
 お子様の手のひらにおさまり、持って食べることで姿勢正しく食事がとれるよう、皿の種類を多くしました。高価な器です。

  • 安全に使用できる信頼の品質のものです。食器衛生法に適合し、環境ホルモン問題もクリアされた有害なものが入っていない安全性の高い食器です。
  • 食器の絵柄が取れにくいよう、絵柄部分にはクリアコーティングしてあります。
  • 耐汚染性に優れ、カレーやケチャップなどの色素沈着が起こりにくくしてあり、食べ物の油汚れも付きにくくなっています。
  • 衛生管理がしっかりとできる食器です。表面に特殊な凹凸加工を施しています。米粒やヌメリ、残菜が取れやすく熱風消毒保管庫、食器洗浄機、煮沸消毒、塩素系漂白剤に対応しています。
  • 津久井智子さんによる、楽しくやさしいデザインです。なごやかなムードでゆったりと友達や先生と食事をとる雰囲気になれます。



にしあらい ようちえん西新井幼稚園

〒123-0845
東京都足立区西新井本町1-17-20

Tel 03-3890-0088